ミュージカル EBISU 試聴


ここでは、昨年3月に上演しましたミュージカル「EBISU」の全24曲のナンバーから 8曲ご紹介いたします。
(SOUND LISTから曲をクリックして、再生マークをクリックして下さい。)

 

  M 1 プロローグ  
    舞台上には稗田阿礼。シャーマンの稗田阿礼は、お告げを太安万侶に語る。
     
  M 2 我らは傀儡
    百太夫と共にえんとえま。新米の傀儡師も出て来て、
EBISUにまつわる多くの疑問などを、紹介するナンバー。
     
  M 5 僕は何のために
    龍宮流れ着き、いじめられているヒルコ。
神様からの指令が一度もきてないけれど、報告書の整理をするヒルコは、 人々の願いがみんな違っているように見えて、同じだということに気づく。
     
  M 6 民衆と比丘尼
    時は平安時代の後期、時代は末法の世。お釈迦様の力がなくなったと言われ、 道を説く一般的な僧の言う事を信じない人もいる。 反発する人と信者たちで不穏な空気が流れた時、鳴尾比丘尼登場。 鳴尾比丘尼の言葉には、みな耳を傾ける。
     
  M 7 末法の世
    同じ時代に生きている、仏師信蔵、鳴尾比丘尼、百太夫。
村の悲惨な惨状を目の当たりにしてしまうが、
未来に希望を託して、歌いあげる。
     
  M 14 御仏よ
    ある夜、鳴尾比丘尼が信蔵に、鳴尾村のある兄妹の話をする。
仲の良かった一太とさや。けれど戦の経験が一太を変えてしまった。 胸を痛める鳴尾比丘尼は、御仏に祈りをささげる。
     
  M 15 神の秘密
    弁天は、色々な神様をみてきた。そして宝珠の使い方も・・・。
         
  M 20 光る稚児    
    漁師の網にかかったヒルコ像は、村の小さな祠に祭られた。
信じるものを選ぶ自由を初めて手にした民衆たちが 歌いあげるナンバー。
   
     

 

copyright(C)Primary Vision 2006 info@primaryvision.net